XEN GROUP

部品手配に一苦労ですよね

お疲れ様です。

今日も第6工場を覗いてみました。順調に進んでいる様子。

今日は中も見てみると、壁も入って、うんうん、良い感じです。

さて、今日は電気部品が入らないって言うお話です。

ニュースでも、半導体不足が多くの業界の頭痛の種になっていることが報道されています。このブログを見てくださる方の中にも「そうそう、困るよね😔」と共感される方もいらっしゃるでしょうね。

私も弊社の電機設計のOさんと話してみると、「今は普通に入って来る物の方が少ないです。。。見積り依頼を頂く案件も1年以上先の案件が多いのは、お客さんも部品に納期がかかるのを理解しているからですね。この状況、2年くらい続くんじゃないでしょうか💧」とのこと。

「あれも無い、これも無い。」と説明してくれました。電気設計をする際、以前は図面を描いた後に部品の手配をしていたけれど、今は、図面を描きながら部品の在庫の有無や納期を確認しているとのこと。付くものが変われば配置も変わったりしますよね。

現場の人と話しても、同じ話になりました。端子やブレーカー、配線ダクトや結束バンドまで・・・。発注業務を行う部署でも、代替品探しや納期交渉に時間を取られています。

新車も納期がすごくかかったり、中古車の値段も上がったりしてますが、様々なところで、コロナ前では考えられない状況に直面します。何をきっかけに回復していくのか・・・。すみません、月曜日からちょっと沈んだ話になってしまいましたが、梅雨の季節、体調に気をつけて元気を出していきましょう!

 

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP