世界の課題解決に挑むモノづくり集団

モノづくりは世界を豊かにする

地球の自然豊かな環境は、人間活動の発展で壊れてしまいました。
発展することが悪いことばかりではありませんでしたが、発展する段階で地球資源や人間の尊さを感じ、世界中が協力すべきだったのかもしれません。

SGDsとして持続可能な開発目標を掲げ、地球での人間活動を見直そうとしている今、
私たちができることは、日本企業として培ってきたものづくり技術を活かし、付加価値の提供をすることであります。限られた地球資源や、限られた時間をどのように活かすのか・・・先ずは日本の言葉である「MOTTAINAI」を具現化していきたいと考えています。

私たちのテーマは、「MOTTAINAI エンジニアリング」
高い技術でものづくりを追及し、サービスと合わせて提供することで、地球と人が共存できる最適化を提案していきます。

HAPPINESS MAKER

VISION
MISSION
VALUE

VISION

世界のあらゆる問題は日本のモノづくりで解決できる。私たちはそう確信しています。「MOTTAINAI」はその合言葉。食を最適化することで、フードロス【ZERO】を実現することを第一歩とし、食料問題から派生するあらゆる問題を解決することで、SDGsの達成に貢献し、争いのない善き世界を実現します。

MISSION

世界には貧困、環境破壊、食糧問題、エネルギー問題など様々な問題があります。SDGsは持続可能な世界を実現するために達成すべき目標です。
私たちは世界が抱える様々な問題に対して問題意識を持ち、SDGs Actionを起こしていきます。その第一歩としてフードロス問題に取り組み、フードロス【ZERO】を目指します。

VALUE

フードビジネス企業が抱える"MOTTAINAI"に関する課題に対して、自社開発の装置と食品LABによる実証加工により、最適な解決策を提供します。新たなマーケット構造を作り出し、商品開発を充実させることで、社会要求を満たす食品サイクルを開発し、マーケットに対し最大限の可能性を生みだします。

SDGs Action!

自社開発装置と食品LABによる実証加工により、
社会要求を満たす食品サイクルの開発を行い、
持続可能な社会を構築します。

Cool Tech
Heat Tech

Cool Tech

X-Charge unit
食に感動、未来に夢を

おいしさのカギは温度と水

食品に一番多く含まれている成分は水。食品内の水分が品質に大きな影響を与えています。そこで、私たちは水の動きをつかさどる“温度”に着目。驚異の温度コントロールにより、食品から熱を奪う=熱交換という革新的な技術で、食品の温度を表面から中心まで均一に-0.1℃~-1℃へ整えます。この温度帯に整えられた食品は、水の動きが安定し、本来のおいしさや鮮度が保たれます。

Heat Tech

X-Dry unit
食のアップサイクリングでフードロス削減

食品工場から排出される廃棄物は、食品自体の水分と製造過程においての加水により、多くの水分を含んでいます。
まだまだ利用価値を生み出せる食材も多くありますが、多くは腐敗が原因となり廃棄処理となります。

私たちはこのような廃棄物を少しでも有効に生かす方法として乾燥機を開発しました。

ALL STORY日々挑戦し続けるXENの物語

GLOBAL

”MOTTAINAI”エンジニアリングの海外発進拠点

MOOZ & COMPANY MYANMAR

グローバル生産体制

2019年ミャンマーティラワ工業団地に株式会社サンテックとの共同出資によりミャンマー工場竣工。
長年、ミャンマーから実習生を受け入れてきた弊社では、彼らの勤勉さ、誠実さ、モノづくりに対しての情熱、母国や家族への愛情に触れてきました。そんな彼らとこれからも一緒に仕事がしたい!そんな想いから、ミャンマーに進出。
XEN GROUPの想いを引き継いだ卒業生たちと、アジア最後のフロンティアと呼ばれるミャンマーの地で、新しいイノベーションを切り拓いていきます。

TOP