MACHINE

工場の鳩対策 -高所作業-

こんにちは! 今日もきれいな満開のバラをご覧ください!

このきれいな色と花びらの縁が少しウエーブしている形は、このバラを小さな苗でもらった時に咲いていたバラの花と同じです。(中には色が淡いものもありますが、それはそれでかわいいです♡)なぜそう言うかと言うと、これまでの花もきれいでしたが、ここまで本来の特徴が出ていなかった様に思うからです。みどりくんを与えたことによってパワー全開!!という感じですね!きっと。

さて、今日は、電気設計のSさんが書いてくれたBLOGをご紹介します!


工場内に鳩の出入りが多くなり、仕掛品や製品が鳩の糞で汚れる場面が発生するようになりました。

社員からの報告によると、建屋屋内鉄骨の裏側に、鳩の定位置(居場所?)があるみたいです。

相談の結果、高所作業車で疑わしい場所に登ってみて、状況に応じて対処することになりました。

鳩の巣があること、忌避剤の散布などを想定して準備しました。

平日は各工程の業務があり、なかなか作業ができないので、実施日は工場休日の土曜日朝に決定。

高所作業なので、ヘルメットと安全帯は必須です。ヘルメットのロゴマークは新しいものに貼替されています。

使用する高所作業車は、新工場の建築工事で来ている車両をお借りしました。クローラ式で、最大揚程12mのものを使います。当然ですが、有資格者でなければ乗ることはできません。

 

高所作業車でまず工場内に入り、狙った場所にアームが届くように車両をセッティング。
一緒に乗り込むのは、Mさん。二人とも装備を身につけ、準備完了。
対策グッズとともにゴンドラに乗り込み、すぐに安全帯を引掛けます。

工場内では、高い場所で8mくらいまで慎重にアームを伸ばします。

私は、機械の操作は得意ですが、高いところは実は苦手。
相方のMさんは高い所はまったく怖くないそうです。

Mさんが事前に「あやしい場所があります」と狙いをつけていた箇所を詳しく調べると『鳩の巣』と『鳩の卵』2個を発見!丁寧に撤去しました。

小枝などを集めて鳩の巣が作られているのですが、よーーくご覧ください。いかにも工場らしく結束バンドの切りクズ等も巣に使われていました。

2ヶ所目も同じく、『鳩の巣』と『鳩の卵』2個を発見しました。

鳩の巣は丁寧に取り除き、鳩よけスプレーを噴射し、忌避剤(錠剤)をセットして対策完了。スプレーは匂いが強烈でした。これで当分は鳩が近寄らないと思います。

最後に、屋外からの侵入経路を色々と調べていると、軒下鉄骨の裏側に、偶然『鳩の巣』と2羽の『鳩のヒナ』を発見。これは驚きました。

『鳩のヒナ』には巣ごと立ち退きして頂き、自然に戻しました。

工場内を8mの高さから眺めると、いつも見る風景とは違った景色で、とても新鮮な気分になりました。


この様な事も社内で対応出来ることに感動です。鳩さんたちには今後は入ってこない様にお願いしたいところですね😅

 

関連記事

コメント

この記事へのトラックバックはありません。

TOP