HEAT Tech

久しぶりの陳レポート(乾燥テスト)

久しぶりに、経営企画の陳です。

先日、香川県及び台湾経済交流促進協議会が開催していたオンライン台湾商談会に参加しました。

この商談会はマッチングのような形で、XEN GROUPは自社のPRと製品概要を開催者に渡し、そして台湾側でマッチングしてくれました。

 

商談会では我が社のXEN Brandの「X-Dry Unit(食材乾燥機)」をアピールしました。

うちの社長がいっぱい説明してくれて、台湾側の企業もいっぱい質問をしてくれました。

なので、私は通訳として社長にその質問を日本語で聞いてから、向こうに回答しました。

 

その時の私は、乾燥機のことをまだ十分に理解していないなぁー。と思いました💦

 

商談会が終わった後、乾燥機に詳しい営業技術のみんなにいっぱい質問をしたのですが、説明してくれる内容が十分に理解できずにいると、「そう言えば、明日、香南工場で乾燥テストするよ!」と言われたので、、、すぐSuwa Bossに明日見に行ってもいいですか?!と聞きました。

翌日は、営業技術のKさんが私たちを香南工場へ連れて行ってくれました。

Kさんは最初の準備段階から、詳しく説明してくれました!

準備の段階で、私は270℃ぐらいの熱風を一瞬、瞬間的に触ってみたのですが、「えぇ!思ったよりも熱くないΣ(゚Д゚)!」

それには本当に驚きました。

(それが乾燥する時に焦げない理由なのです!!!)

 

乾燥テストスタート!

今回のテスト対象はビール粕です。

熱風が素材を舞い上げて乾燥している様子を見ているとすごく癒されて、何秒間かぼーっとしてしまいました。

完成までが本当に速くて、7秒間ぐらいで乾燥完成品がシュートから出てきました。

完全に乾燥されていますが、焦げは無くて、香りが少し残っていました。

かなり話が脱線するのですが。笑

乾燥を待っている途中、こんなに寒いのに工場の隅にGちゃんが現れて、みんな触りたくないので、私が火ばさみでGちゃんを取って、外に放生しました。

実は、私は素手でGちゃんを取ったことがあります、、、

昨年、同僚とBBQするとき、Gちゃんも出てきて、ちょっとお酒を飲んでいたので触れたのですが、「やっぱり、お酒は勇気の源!!」と思いました。

そして触る感じはエビと似ているんですよ!

もし機会があれば、触ってみてねー 笑

 

今回の乾燥見学のおかけで、今度は一人でもお客様に説明できるかな、と思いました。

 

極寒で震えましたが、香南工場での見学は楽しく、勉強になった一日でした! また次の乾燥テストを楽しみにしています。

 

TOP